看護部紹介

看護部長あいさつ

私たち看護部は「人」と「人」とのかかわりの中で仕事をしています。
そしてもっとも患者さまに寄り添うことを必要とされます。
「人」に関心を持ち、人の「思い」を受け止め、その人にとって「今、必要なことはなにか」「自分の行動がどのような影響を及ぼすか」を考える力と姿勢がとても大切です。
ますます進む高齢社会の中で、だれもが安心して治療を受け住み慣れた地域やそれぞれのライフスタイルに適した生活の場に戻ることができるよう、小規模病院だからこそできる多職種連携で「こころ」「からだ」「くらし」を支える継続看護を目指して、看護師・看護助手共に積極的に院内外の研修に参加し自己研鑽に努めています。
また、さまざまなライフステージにあり、ライフイベントを迎えることの多い女性中心かつ24時間体制の業務に従事する看護部おいては、多様な「働き方」のできる勤務形態の導入のほか、部署の垣根を越えた業務応援体制の実施、有給休暇取得の促進、育児休暇や介護休暇取得のための調整など「休み方」についても人事担当部門との風通しのよい関係のもと、情報共有・意見交換を密にWLB(ワーク・ライフ・バランス)の目指す方向性を一致させ、人材確保・育成(管理者育成を含む)に取り組んでいます。



看護部理念

私たちは看護の専門職として、知識・技術・心を磨き責任ある看護を目指します。


看護部基本方針

1.こころのこもった温かな看護を提供します。
2.一人ひとりの患者さまに必要な根拠に基づく看護を実践し、その看護に責任を持ちます。
3.社会の変化や地域のニーズの変化に合った寄り添う看護に努めます。
4.相手を認め、思いやりのある職場づくりを心がけます。


看護部目標 2019年度

1.自ら気づき、考え、行動できる看護職員を育成する
2.危険予知の感性を磨き安全な看護を提供する
3.個別性を考慮した接遇を心がける
4.組織の方向性を理解し、経営に参画する
5.多職種との連携・情報共有を強化し、継続的な看護を提供する


看護体制


一般病棟・52床(地域包括ケア病床17床含む) 13:1
療養病棟・30床(医療療養のみ) 20:1

看護提供方式

チームナーシング(一部機能別)


勤務体制

2交代制 部署により変則勤務あり


看護人員 (※2019年4月1日現在)


看護師 52名(パート16名含む)
看護助手(介護福祉士/ヘルパー2他) 20名(パート5名含む)
看護クラーク 8名(パート2名含む)

看護部・部署紹介

外来(手術室・中材を含む)  師長 森山 聡之

外来は、消化器外科・循環器内科・腎臓内科・糖尿病内科・小児科・泌尿器科・脳神経外科と幅広い診療科において外来看護を展開し、さらに内視鏡検査や外科・整形領域の手術業務、中央材料室業務に携わっています。
スタッフは、看護師・クラーク・メディカルクラーク・看護助手など多職種が在籍しています。そして、大半が子育て中のスタッフであり、仕事と家庭の両立ができるように、互いに協力しあって業務に取り組んでいます。


2019年度 目標

1.個々の知識・技術を高め、安全な外来看護が提供できる
2.資源(人・もの・時間)を有効に活用し、スタッフ全員が経営に参加する
3.多職種との連携・情報共有を強化する


2階病棟(地域一般/地域包括ケア病床含む)  師長 小林 由紀子

2階病棟は一般病床35床・地域包括ケア病床17床の計52床の病棟です。
一般病床では主に急性期の患者様を受け入れを看護しています。
地域包括ケア病床では主に入院治療後、病状が安定した患者様に対して早期退院を目指しリハビリや退院支援を行っています。
日々、カンファレンス・リハビリカンファレンスを実施し個々の患者様に適した看護が実践出来るよう努めています。
病棟スタッフはチームワークを大切にお互いに協力しながら勤務しています。
また、子育中のスタッフも多く仕事と家庭を上手く両立しています。


2019年度 目標

1.報告・連絡・相談を徹底し、患者さまに安全な看護を提供する
2.一般病床と地域包括病床の違いを理解する
3.コスト意識を持ち業務に携わる
4.多職種とコミュニケーションを円滑にし連携を図る


3階病棟(医療療養)  師長 塚本 弥生

30床の医療療養病棟です。
ほとんどが慢性期の患者様です。看護師・介護士・看護助手が情報共有し安全で安心した看護ケアを提供できるように努力しています。
最近では終末期や緩和ケアの患者様、人工呼吸器管理の患者様も入院されています。患者様がその人らしくいられるように家族様と共に寄り添える様な看護ケアを心がけています。
スタッフ皆、明るく笑顔を大切にしている病棟です。


2019年度 目標

1.安全・安心・安楽を心がけた看護が提供できる
  ・ヒヤリハット時は全員で情報を共有する
  ・患者さまの訴えに耳を傾ける
2.病床稼働率95〜100%を目指す
  ・コスト意識を持つ
3.継続的な看護を提供するため、多職種とのコミュニケーションを図る


透析(1階:外来透析 / 3階:入院透析 計33床)  師長 森谷 淳

透析は、入院・外来・クリニックを含め幅広い角度から患者さまに、安心・安全な透析医療・看護を提供できるよう努めています。
透析中に、末梢血管動態検査・フットケアを中心とした下肢病変の早期発見ケアを積極的に行っています。あわせて定期的なシャント造影を行い、シャントトラブルに対して内シャントPTA(経皮的血管形成術)を実施しています。
外来透析は送迎(車いす可)対応を行っており、また透析中の急変時には病棟と連携を図り、入院対応も可能です。


2019年度 目標

透析室内の業務内容を見直し、コスト削減を行い、安全な透析医療を提供する。


メッセージ

私たち看護部に興味を持っていただけた方、これからの神明病院の看護を一緒に考え実践してみませんか。男性管理者やスタッフも活躍しています。
求人に関するお問い合わせや見学希望など、どうぞお気軽にご連絡ください。
連絡先: 代 078−935−9000  看護部長室まで



神明病院TOPページに戻る
Copyright(c) 2012 医療法人社団せいゆう会 神明病院 All Rights Reserved.